AirTagかTileか

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

直接デザインやクリエイティブとは関係ありませんが、特に撮影に出向くときなど荷物を大量にもっていくことがあります。新田(父)は命より大事なメモリーカードをしまってあるポーチにTileを入れておくことが習慣になっています。

この紛失物をトラッキングする道具、ついにAppleからも出てしまいました、AirTag

ここでひとつ冷静になって永いことお世話になっているTileと比べてみたいと思います。

Tile(電池を換えられるタイプ)

AirTag

厚みはほぼ同じ 丸い分小さい(微妙に重いと思う)
特別かっこよくはない おしゃれ
2000円くらい 3800円くらい
AndroidでもiOSでも専用アプリが使える iOSかウェブの探すアプリしか使えない
磁石は入ってない 磁石が入ってる!弱いけど
加速度センサーは入ってない 加速度センサーが入っている!?
音が事務的というか、なんか古い 音がおしゃれ
Tileのボタンを使って電話探せる 電話は探せない
穴が空いているのでキーホルダーに直接つく キーホルダーにつけるには専用のホルダーが必要。エルメス製のものは冗談のような値段である。
当たり前だけど刻印オプションはない 3文字まで刻印ができる
電池はCR1632  電池はCR2032

AirTag

電池にアクセスするためにアップルマークのついているメタルの部分を軽く押し込みながら反時計に回すと、パカっと外れるようになっているんですが、その蓋を戻すのに少しだけ慣れが必要でした。両手の親指でやると簡単なのに気づきました。一回慣れてしまえば大きな問題はありません。この電池アクセスのおかげでオーストラリアでは発売が一時差し止めになったとか。。。

音が圧倒的にかわいいです。新田(長男)曰くNintendo Wiiみたい”。たしかに。

磁石が内臓されているのを知って、長男が早速冷蔵庫にパチっとしてみたら、見事くっついていました。ふーん。

アプリの使い心地はいうまでもありません。快適です。機能もどんどん進化するんでしょうね。

肝心の失くしてしまったときの機能も未経験ですけど、いろいろなサイトを見る限りかなり安心できそうです。

Tile

もう何年も使ってます。新田(父)が使っているものはオールプラスチックですが、質感は劣るものの耐久性は十分だと思います。電池の蓋も格好よくはないものの、カチっという感じがTileのほうが安心感はあるかも。

アプリはAirTagのほうがエレガントですがTileアプリも悪くはありません。AirTagでは登録した友人やデバイスなども見ることができるので操作の手数が多くなりがちですが、Tileは目的のリストがすばっと出るだけなのでわかりやすいです。

なんと言ってもTileから電話を逆に音を鳴らすことができるのがイイです。

はてさて、どっちが良いんでしょうねコレ。見た目や触ったときの感触は圧倒的にAirTagが良いです。機能面を見ると似たような感じだと思いますが、Tileの電話を鳴らせる機能はAirTagにはないものです。まぁ探すアプリで電話を鳴らせばよいんですけど。

ズバリ新田(父)の見解!

どちらも良いです!

勝手マニュアル更新中

進捗状況 28.1%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)