スマートオブジェクト 

新規 
CSSをコピー
SVGをコピー
レイヤーを複製(D)…
削除 


PNGとしてクイック書き出し Shift+Ctrl+’
書き出し形式… Alt+Shift+Ctrl+’


レイヤー名の変更…
レイヤースタイル(Y) 
スマートフィルター 


新規塗りつぶしレイヤー(W) 
新規調整レイヤー(J) 

レイヤーオプション(O)…


レイヤーマスク(M) 
ベクトルマスク(V) 

クリッピングマスクを作成(C) Alt+Ctrl+G


スマートオブジェクト 
ビデオレイヤー
 
ラスタライズ(Z)


レイヤーに基づく新規スライス(B)


レイヤーをグループ化(G) Ctrl+G
レイヤーのグループ解除(U) Shift+Ctrl+G
レイヤーを非表示(R) Ctrl+,


重ね順(A) 
シェイプを結合(H)
 


レイヤーを選択範囲に整列(I) 
分布(T)
 


レイヤーをロック(L)… Ctrl+/


レイヤーをリンク(K)
リンクしたレイヤーを選択(S)


レイヤーを結合(E) Ctrl+E
表示レイヤーを結合 Shift+Ctrl+E
画像を統合(F)


マッティング 

スマートオブジェクト 

スマートオブジェクトはオリジナルの画像を保持しながらエフェクトや、編集を設定できるオブジェクトで内部的に開いているファイルとは別に保存されていたり、外部ファイルをレイヤーとして読み込まれた状態のレイヤーです。

スマートオブジェクトはレイヤーウィンドウパネルでスマートオブジェクトの表示がされ、レイヤーをダブルクリックすると、スマートオブジェクトは別ファイルとして開きます。

その内容を編集してファイルを閉じると、スマートオブジェクトの内容が更新されます。