Photoshop

直訳すると写真やさん。ドット(ピクセル)で画像を編集するソフトとして、王者の座をコンピューティングデザイン黎明期から守り続ける、キングオブキングな画像編集ソフトです。英語ではI photoshopping など、動詞として使うこともできるほど人類の生活の一部になっているものですが、その機能の基本はかつてフィルムの現像室の中で行われていた、オーバー露光や二重露光などのテクニックがデジタル化したものです。そういった写真現像の基本テクニックに数学的な解釈やコンピューター特有の情報処理が合わさったものがPhotoshopです。

ワークフロー

写真レタッチ、ペイント、画像解析、様々な使い方があると思います。ワークフローも目的によって大きく変わると思いますが、ここではもう少し概念的な話をします。

インターフェイス

年々、多機能になっていき、もう30歳を超えたPhotoshop、これだけの機能を直感的に操作できるような工夫がたくさん用意されています。

メインメニュー

すべての機能が集約されているのが、メインメニューです。かつては非常にシンプルでした。最新のPhotoshopのメインメニューには30年の歴史の重みを感じます。

ツールバー

選択ツールやブラシツールなど、マウスで操作するツールです。選んだツールによってメニューの真下、画面上部にあるツールオプションの内容も変化します。

ウィンドウパネル

オペレーションのほとんどはウィンドウパネルとショートカットの入力になると思います。Photoshopには様々ウィンドウパネルで細かな設定を行います。

レイヤー

Photoshop 3.0から実装されたレイヤーという考え方、これがないと今のPhotoshopは語れません。