crftロゴ

保存(S) Ctrl+S

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファイル(F)  編集(E)  オブジェクト(O)  書式(T)  選択(S)  効果(C)  表示(V)  ウインドウ(W)  ヘルプ(H)

保存(S) Ctrl+S

 新規の場合はOSに依存したファイルダイアログが開いてファイル名を入力してから保存することができます。

 aiファイルを開き編集したあとに保存メニューを選択すると、そのファイルを上書き保存します。

 以前はファイル保存中一切操作をすることができませんでしたが、今のIllustratorではバックグラウンドの保存が可能になり、保存中でも操作が可能になりました。

 ちょっとだけタイミング的な事情はあるものの、保存中でも操作可能になったこの進化は大変便利です。

 Googleドライブに直接保存していると、保存中でもファイル操作ができるためにIllustratorが生成する一時ファイルがそのまま保存フォルダに残ってしまうことがあるようです。

 ファイルが最後に保存した状態と異なる場合、ファイル名の右横に(*)アスタリスクが表示されます。

 保存メニューでえ保存できるファイルフォーマットは以下の通りです。

  • Adobe Illustrator:.AI(クラウドに保存した場合は.AIC)
  • Adobe PDF:.PDF
  • Illustrator EPS:.EPS
  • Illustrator Template:.AIT
  • SVG:.SVG
  • SVG圧縮:.SVGZ

 保存場所もローカル、Adobeのクラウドと選択することができます。

クラウドに保存
クラウドに保存
コンピュータに保存
コンピュータに保存