このエントリーをはてなブックマークに追加

新規ウィンドウ(W)


アレンジ(A) 
Exchangeでエクステンションを検索
ワークスペース


エクステンション


コントロール(C)
ツールバー


3Dとマテリアル
CC ライブラリ
CSS プロパティ
SVGインタラクティビティ(Y)
アクション(N)
アセットの書き出し
アピアランス(E) Shift+F6
アートボード
カラー F6
カラーガイド Shift+F3
グラデーション Ctrl+F9
グラフィックスタイル(S) Shift+Ctrl+F11
シンボル Shift+Ctrl+F11
スウォッチ(H)
ドキュメント情報(D)
ナビゲーター
バージョン履歴
パスファインダー(P) Shift+Ctrl+F9
パターンオプション
ブラシ(B) F5
プロパティ
ラーニング(廃止)
リンク(I)
レイヤー(L) F7
分割・統合プレビュー
分版プレビュー
変形 Shift+F8
変数(R)
属性 Ctrl+F11
情報 Ctrl+F8
整列 Shift+F7
書式
 OpenType
 タブ
 字形
 文字
 文字スタイル
 段落
 段落スタイル
画像トレース
線(K) Ctrl+F10
自動選択
透明 Shift+Ctrl+F10


グラフィックスタイルライブラリ
シンボルライブラリ
スウォッチライブラリ
ブラシライブラリ

画像トレース

 ウインドウメニュー>画像トレースメニューの解説です。ビットマップの画像からベクターデータを生成するツールです。

 普通の写真などをトレースするとホストマシンの能力によっては非常に時間のかかる処理になることがあります。

 トレースにはカラー、色数指定、白黒などの指定が可能です。

パネル上部のアイコン

 プリセットを呼び出すアイコンです。プリセットですが、その下にあるプリセットプルダウンメニューとは微妙に内容がことなります。

プリセット:

 プルダウンからプリセットを呼び出します。

写真もトレースすることができますが、元の画像が複雑なほど処理に時間がかかります。ロゴマークなどを簡易的にオートトレースしたいときなどに使うと良い機能です。