Blender 3.3.0 LTS リリース!

止まらないBlenderの進化
blender3.3.0
Minoru Nitta
Minoru Nitta
グラフィックデザイナー・フォトグラファー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Blender 3.3.0 LTS リリース!

LTSとは?

 LTSとはLong Term Supportの略でいままでも2.83と2.93にも付与されていたステータスです。

Blender LTS プログラムは、安定した Blender バージョンを使用して長期にわたるプロジェクトを確実に実行できるようにすることを目的としています。これにより、2 年間にわたって重要な修正が提供されます。

LTS バージョンには、新機能、API の変更、改善はありません。最新の安定版に適用される重大な修正は、アクティブな Blender LTS リリースに定期的に移植されます。

 と、Blenderのホームページで説明されています。

 つまり3.x代でも開発が認める安定版であり、大きな機能変更を前提としていないバージョンであるということです。

 と、言いつつどんどん進化していってしまうのがBlenderなんですけど。。。

 全く使い方を覚えられていない筆者が言うのもなんですが、まぁLTSがついてるやつはちゃんと使い方を覚えて損はない!という判断で良いと思います。

Blender 3.3.0の新機能

 Blender 3.3.0のリリースノート を見ると多くの項目に渡って刷新されていることがわかります。

  • アニメーションとリギング
  • コア部分
  • グリースペンシル
  • モデリング
  • ノードと物理計算
  • パイプライン、アセット、入出力
  • Python APIとテキストエディター
  • レンダリングとCycles
  • スカラプト、ペイント、テクスチャ
  • UI
  • VFXと映像
  • アドオン
  • 新機能

 その中でも大きく取り上げられているものの一つが新たな毛髪グルーミングツール!

 なんと毛をスカラプティングできるみたいです!

 下の動画はBlender3.3.0のページから拝借したものですが、すごいです。

 もはやモデリングのスキルよりヘアメイクの勉強をしたほうが良いかもしれません。

 その他も自分の貧弱なBlenderに対する知識の中でも印象に残ったのが非破壊ノードで指定するUV設定。

 アウトライナーで大きなUI刷新も行われたようですが、そもそも古いBlenderをまったくキチンと学習していない筆者にとっては?なレベルです。

 でも根本のデータフローが変わったゾ的なことが描かれているので、さらに柔軟に高速にあれやこれやができるようになったんだと思います。

 筆者のようなBlender後続組も、いままた飛び乗るチャンスかも!