キーフレームを打つ

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

1

Blenderを初めて触る人に向けてキーフレームを打つフローを紹介しています。

2

キューブを左クリックして選択します。

「G」「Z」「10」の順にキーを押します。 「G」は「Grab(掴む)」動作のショートカットです。 動作のショートカットを押下してから「Z」でZ軸に対して「(+)10(m)」という動作を行いました。

3

このままではキューブが視界に入らないのでスクロールで拡大縮小します。このとき、上画像の赤枠の中にマウスポインタがあることを確認します。

4

ちょうど良い感じになりました。

5

いま画面下部にあるタイムラインは「1フレーム目」に存在します。

「I」を押してLocationをクリックします(そのままEnter でも選べます)、これで「1フレーム目」にこのキューブの「位置」がキーされました。

7

先程と同じように「G」「Z」「-9」で位置を合わせます。

8

「I」でLocationを選びます。

9

これで2箇所のキーフレームが打てました。

タイムラインをよく確認するために窓を広げます。

赤線の部分をマウスで左ドラッグして調整します。

10

2つ確認できます。 赤枠の中で「T」を押下。

11

するとキーフレームに対するイージング、動きのエフェクトが選べます。

12

「スペース」で再生できます。11に戻って色々試してみると面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

進捗状況 27.6%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)