RGBとCMYK

デザインが出力されるメディアの多様化が進んでいますが、基本的には紙かスクリーンかのいずれかです。それぞれのメディアで表現される色は、紙は色の三原色+スミ(CMYK)、スクリーンは光の三原色(RGB)で成り立っています。

RGB(光の三原色)

スクリーンでは光の三原色Red, Green, Blue、RGBで色を表現しています。ほとんどのコンピューターやテレビ、スマートデバイスでは24bitフルカラーという呼び方で発色性能を呼びますが、この24bitとは何の数字でしょうか?

Red 8bit 28=256通りの情報
Blue 8bit 28=256通りの情報
Green 8bit 28=256通りの情報
フルカラー 24bit 224=16777216色

最近ではモニターの10bit化が進んでいて、RGBの表示可能範囲が210X210X210、すなわち約10億7374万の異なった色を表現できるようになってきています。Photoshopには8bit、16bit、32bitモードの編集モードが実装されています。

CMYK(色の三原色+スミ)

Cシアン、Mマゼンタ、Yイエロー、Kスミの4色で構成されます。印刷用のカラーシステムと思えばよいと思います。インクを直接混ぜて色を表現するのではなく、各色を網点と呼ばれる方法で重ねて印刷していくことによって、様々な色を表現していきます。

CMYKはパーセンテージで表現します。

シアン C 0~100% 101通りの情報
マゼンタ M 0~100% 101通りの情報
イエロー Y 0~100% 101通りの情報
ブラック K 0~100% 101通りの情報

以上で104,060,401通り(約1億)の色の表現が可能になります。

印刷手法は大まかに以下のように分かれます。

オンデマンド:各色の網点が整列しておらず、ルーペで見てみると色の分布に従って点の集まり方が変わります。印刷処理は速いですがオフセットに比べると若干品質が劣ります。

オフセット:コンピューターでデザインをするDTP以前からある印刷方法で、各色の網点が整列しています。大量に高品質の印刷物を作成するときにとられる手法で、雑誌などはオフセット印刷で印刷されています。

シルク:単色しか印刷できません。複数の色をシルクで印刷したい場合はその色の数分、版が必要になりますが、特色といってまさしく指定した色のインクを使うので発色に優れていますが、写真などの表現はできないと思ってよいです。Tシャツなどはシルク印刷で作られたものが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

進捗状況 24.9%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)