60FPSのコンポジション

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビ映像は通常29.97FPS、ほぼ1秒30コマと思っていれば良い時代に変革が、、、

ゲーム需要に伴って、映像のフレームレートが進化してきています。モニターによっては120Hzなんて狂暴なもの現れてきて、クリエイティブ案件でも60FPSで映像を作ってくれという要望も出てきました。

もちろんAfterEffectsでは柔軟にフレームレートを変更することが可能です。

ところが、他のアプリケーションで作った画像連番ファイルなどを60FPSに設定したコンポジションに配置しても、配置された連番ファイル(シークエンスファイル)は30FPS扱いで存在している場合があります。

つまり2秒間のアニメーションを作るとします。

60FPSの場合は120フレーム必要
30FPSの場合は60フレーム必要

になるわけで、仮に120枚の連番ファイルを用意して60FPSのコンポジションに落としても、なぜか4秒として認識されてしまう。。。

これは、連番ファイルは30FPSであるという設定があらかじめ指定されているために起こる問題です。

プロジェクトパネルウィンドウで連番ファイルを右クリックしてフッテージを変換>メインと進みます。表示された画面で、予測フレームレートを60FPSに設定すれば解決することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

進捗状況 27.1%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)