コンポジションの中央に真円のシェイプレイヤーを描画する

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

キーを押しながら、シェイプレイヤーを描画すれば真円や正方形を簡単に描くことは可能です。しかし、そのシェイプをコンポジションの中央にキレイに配置するには、どうしたらよいでしょうか?

フリーハンドで、まるを描いてみました。ここで、各パラメーターに注目してください。

コンテンツセクションにはトランスフォームという欄があり、そこにはアンカーポイント、位置のパラメーター、それとは別にレイヤー自体のアンカーポイントの位置と、レイヤーのコンポジションに対する位置が表記されています。

これが混乱のもとで、試しにコンテンツの中にある位置パラメーターを-44.4,40.6から、0,0に設定してみます。

アンカーポイントが妙なところへ移動しました。

今度はレイヤーのアンカーポイントを-44.4,40.6から、0,0へ設定してみましょう。

さらに、レイヤー自体の位置をHDTVの中心点の座標、960, 540に設定します。

やっと、シェイプレイヤーが中央に描画されました。この手間を一瞬で済ませる方法があります。

シェイプレイヤーで楕円を選択して、その楕円アイコンをダブルクリックします。

コンポジションの中央、コンポジションいっぱいのサイズで楕円が描画されます。

コンテンツ>楕円形1>楕円形パス1のサイズに600,600を入力します。

これで、直径600ピクセルの円が、コンポジションの中央に描画されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

進捗状況 27.5%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)