表示メニュー

 アートワークを編集するためのメニュー関連ではなく、編集中のアートワークの表示の仕方のみのために、あれこれを設定するメニューが集約されています。

 特にIllustratorではデータの正体がベクターという線の集合体なので、アウトライン/プレビュー(Ctrl+Y)で、レンダリング後、前を切り替える操作などは良く行います。

 さらにIllustratorは実世界の寸法でデータを作成し印刷出力などを前提としている考えもあるので、実寸に対するメニューもこの表示メニューに集約されています。