被写体を選択

すべてを選択(A) Ctrl+A
選択を解除(D) Ctrl+D
再選択(E) Shift+Ctrl+D
選択範囲を反転(I) Shift+Ctrl+I


すべてのレイヤー Alt+Ctrl+A
レイヤーの選択を解除(S)
レイヤーを検索 Alt+Shift+Ctrl+F
レイヤーを分離


色域指定(C)…
焦点領域(U)…
被写体を選択


選択とマスク(K)… Alt+Ctrl+R
選択範囲を変更(M) 


選択範囲を拡張(G)
近似色を選択(R)


選択範囲を変形(T)


クイックマスクモードで編集(Q)


選択範囲を読み込む(O)…
選択範囲を保存(V)…


新規3D押し出し(3)


被写体を選択

この機能がはじめて実装されたときは腰が抜けました。

開いている画像の中のメインと思われる被写体を一撃で選択することができます。

エッジ部分が完璧でないことはありますが、一回レイヤーマスクで保存すれば微調節は簡単に行えるで非常に重宝する機能です。

傾向として被写体が人物であるほうが精度が高い印象です。