すべてを選択(A) Ctrl+A

すべてを選択(A) Ctrl+A
選択を解除(D) Ctrl+D
再選択(E) Shift+Ctrl+D
選択範囲を反転(I) Shift+Ctrl+I


すべてのレイヤー Alt+Ctrl+A
レイヤーの選択を解除(S)
レイヤーを検索 Alt+Shift+Ctrl+F
レイヤーを分離


色域指定(C)…
焦点領域(U)…
被写体を選択


選択とマスク(K)… Alt+Ctrl+R
選択範囲を変更(M) 


選択範囲を拡張(G)
近似色を選択(R)


選択範囲を変形(T)


クイックマスクモードで編集(Q)


選択範囲を読み込む(O)…
選択範囲を保存(V)…


新規3D押し出し(3)


すべてを選択(A) Ctrl+A

選択中のレイヤーの内容すべての範囲を選択します。

ショートカットのAはAllのAと覚えると簡単に覚えられます。

Photoshopの選択という概念、何かをつかんでいるわけではなく、編集する対象エリアを選択しているイメージで良いと思います。

たとえばベクターレイヤー上で選択したとします。エリアとして指定しているだけであって、ベクターデータ自体に何か処理をするという意味ではありません。

あくまで選択範囲を指定したという意味になります。