すべてを選択(A) Ctrl+A
選択を解除(D) Ctrl+D
再選択(E) Shift+Ctrl+D
選択範囲を反転(I) Shift+Ctrl+I


すべてのレイヤー Alt+Ctrl+A
レイヤーの選択を解除(S)
レイヤーを検索 Alt+Shift+Ctrl+F
レイヤーを分離


色域指定(C)…
焦点領域(U)…
被写体を選択


選択とマスク(K)… Alt+Ctrl+R
選択範囲を変更(M) 


選択範囲を拡張(G)
近似色を選択(R)


選択範囲を変形(T)


クイックマスクモードで編集(Q)


選択範囲を読み込む(O)…
選択範囲を保存(V)…


新規3D押し出し(3)


選択範囲メニュー

Photoshopレタッチはとにかく選択に関わるテクニックで仕上がりの良さ、作業の速さが変わってきます。その選択するというオペレーションの基本的な操作や効率アップのためのメニューが集約されています。

また作業のほとんどは画像の選択に時間を費やしていると思います。Adobe Senseiが導入されてからは、かなりインテリジェントに自動選択機能が追加されています。

この記事を書いているのは2020年10月ですが、これからもこのメニューの内容は変化が大きくなっていくと思われます。

そんな選択作業に関連する操作メニューが集約されている部分です。