ピクセルプレビュー(X) Alt+Ctrl+Y

GPUで表示/CPUで表示 Ctrl+E
アウトライン/プレビュー(P) Ctrl+Y


オーバープリントプレビュー(V) Alt+Shift+Ctrl+Y
ピクセルプレビュー(X) Alt+Ctrl+Y
トリミング表示(M)


プレゼンテーションモード(S)


スクリーンモード


校正設定(F)
色の構成(C)


ズームイン(Z) Ctrl++
ズームアウト(M) Ctrl+-
アートボードを全体表示(W) Ctrl+0
すべてのアートボードを全体表示(L) Alt+Ctrl+0


スライスを表示(S)
スライスをロック(K)
100%表示(E) Ctrl+1
境界線を表示(D) Ctrl+H
あーとぼーどを表示(B) Shift+Ctrl+H
プリント分割を表示(T)
バウンディングボックスを隠す(X) Shift+Ctrl+B
透明グリッドを表示(Y) Shift+Ctrl+D


テンプレートを表示(L) Shift+Ctrl+W
グラデーションガイドを隠す Alt+Ctrl+G
コーナーウィジェットを隠す(W)
ライブペイントの隙間を表示


スマートガイド(I) Ctrl+U


遠近グリッド(P)
定規(R)
テキストのスレッドを表示(H) Shift+Ctrl+Y


ガイド(U)


グリッドを表示(G) Ctrl+¥
グリッドにスナップ Shift+Ctrl+¥
ピクセルにスナップ(S)
ポイントにスナップ(N) Alt+Ctrl+¥


新規表示(I)…
表示の編集…

ピクセルプレビュー(X) Alt+Ctrl+Y

Illustratorは解像度に依存しないグラフィックを作成するソフトですが、Web用のグラフィックを作る場合、最終的に作ったグラフィックはピクセル表示されます。

画面の解像度はどんどん高品質になってきています。さらにIllustratorで作成できるようなグラフィックはsvgで表示するのがトレンドになってきているので、今後いつまでこの機能が残るのかわかりませんが、ピクセル単位で編集したくなることは当分続くとおもわれます。

ピクセルプレビューオフ
ピクセルプレビューオン

ピクセルプレビューモードにすると拡大縮小のズームアニメーションがキャンセルされて非常に使いにくくなります。