新規ウィンドウ(W)


アレンジ(A) 
Exchangeでエクステンションを検索
ワークスペース


エクステンション


コントロール(C)
ツールバー


Adobe Color テーマ
CC ライブラリ
CSS プロパティ
SVGインタラクティビティ(Y)
アクション(N)
アセットの書き出し
アピアランス(E) Shift+F6
アートボード
カラー F6
カラーガイド Shift+F3
グラデーション Ctrl+F9
グラフィックスタイル(S) Shift+Ctrl+F11
シンボル Shift+Ctrl+F11
スウォッチ(H)
ドキュメント情報(D)
ナビゲーター
パスファインダー(P) Shift+Ctrl+F9
パターンオプション
ブラシ(B) F5
プロパティ
ラーニング
リンク(I)
レイヤー(L) F7
分割・統合プレビュー
分版プレビュー
変形 Shift+F8
変数(R)
属性 Ctrl+F11
情報 Ctrl+F8
整列 Shift+F7
書式
 OpenType
 タブ
 字形
 文字
 文字スタイル
 段落
 段落スタイル
画像トレース
線(K) Ctrl+F10
自動選択
透明 Shift+Ctrl+F10


グラフィックスタイルライブラリ
シンボルライブラリ
スウォッチライブラリ
ブラシライブラリ

変形

たとえば10㎜だけオブジェクトを右へ移動したい!など精度を求める編集をしたいときに便利なウインドウパネルです。

多角形ツールを選択したとき

 多角形ツールで作成したオブジェクトを選択した場合、変形ウインドウには多角形のプロパティが表示されます。多角形の辺のかずや回転角度、角丸のサイズ、半径、1辺の長さを数値で入力することが可能です。

 この機能はオブジェクトが多角形として認識されている限り有効で、変形しても移動してあとでも上記の数値を変更することが可能です。多角形の辺の長さが均等でなくなると、すべての辺を均等にするボタンが表示され、ワンクリックで正多角形に戻すことが可能です。

 パスの一部を削除したりなどの大きな変更を加えると多角形オブジェクトとして認識されなくなります。