このエントリーをはてなブックマークに追加

ドキュメント情報

 ファイルメニュー>ドキュメント設定の内容と多くが連動しています。

 この機能どういうわけかダイナミックに内容が変更されません。

 たとえばドキュメント情報を開いている状態でドキュメントのカラーモードをRGBからCMYKに変更してもドキュメント情報にはRGBと表示されたままになっています。

 正しい情報を見るには一回閉じて、再度開く必要があります。

 以下がドキュメント情報のハンバーガーメニューの内容です。

 ドキュメントだけではなく、ドキュメントの内容を細かく表示することができます。

選択内容のみ(O)


ドキュメント(D)
オブジェクト(O)
グラフィックスタイル(G)
ブラシ(B)
特色オブジェクト(S)
パターンオブジェクト(P)
グラデーションオブジェクト(G)
フォント(F)
リンクされた画像(L)
埋め込まれた画像(E)
フォントの詳細(F)
リピートオブジェクト(R)


保存(S)…

名前:

ファイル名

カラーモード:

設定されたカラーモード、CMYKもしくはRGBが表示されます。

カラープロファイル:

設定されたカラーモード、CMYKもしくはRGBが表示されます。編集>カラー設定で選択したプロファイルが表示されます。

定規の単位:

編集>環境設定>単位の一般で選択した単位が表示されます。定規部分を右クリックして単位を変更する ことも可能です。

アウトライン画面で配置した画像を表示:

オンかオフが表示されますが、この機能ちょっとクセがあります。WindowsでGPUアクセラレーションが有効になっていると、うまく機能しないことがあります。そのようなときは表示メニューからCPUで表示を選択してみてください。

代替フォントを強調表示:

編集>環境設定>テキストの代替えフォントを強調表示の設定が表示されます。

代替字形を強調表示:

ファイルメニュー>ドキュメント設定の内容が反映されます。

テキストの編集機能を保持(アピアランスを保持):

ファイルメニュー>ドキュメント設定の文字オプションタブの内容が反映されます。

紙色のシミュレート:

ファイルメニュー>ドキュメント設定の内容が反映されます。