新規ウィンドウ(W)


アレンジ(A) 
Exchangeでエクステンションを検索
ワークスペース


エクステンション


コントロール(C)
ツールバー


Adobe Color テーマ
CC ライブラリ
CSS プロパティ
SVGインタラクティビティ(Y)
アクション(N)
アセットの書き出し
アピアランス(E) Shift+F6
アートボード
カラー F6
カラーガイド Shift+F3
グラデーション Ctrl+F9
グラフィックスタイル(S) Shift+Ctrl+F11
シンボル Shift+Ctrl+F11
スウォッチ(H)
ドキュメント情報(D)
ナビゲーター
パスファインダー(P) Shift+Ctrl+F9
パターンオプション
ブラシ(B) F5
プロパティ
ラーニング
リンク(I)
レイヤー(L) F7
分割・統合プレビュー
分版プレビュー
変形 Shift+F8
変数(R)
属性 Ctrl+F11
情報 Ctrl+F8
整列 Shift+F7
書式
 OpenType
 タブ
 字形
 文字
 文字スタイル
 段落
 段落スタイル
画像トレース
線(K) Ctrl+F10
自動選択
透明 Shift+Ctrl+F10


グラフィックスタイルライブラリ
シンボルライブラリ
スウォッチライブラリ
ブラシライブラリ

アピアランス

英語のappearance、外観の詳細といったところでしょうか。ソフトウェアのUI翻訳って本当に悩ましいですね。特に各国ローカルルールがありそうな印刷に関係するソフトだとなおさらです。でもアピアランスとカタカナで言ってしまうと、ちょっと機能を想像しにくいです。

アピアランスはオブジェクトの設定内容をリストで確認できるウインドウパネルです。

ご存じの通りIllustratorでは描画したシェイプ、文字などに対して塗りと線の色指定が行えます。この塗りや線指定、アピアランスを使えばひとつのオブジェクトに対して複数回指定することが可能です。さらには効果も複数回指定することが可能で、それらの指定の順番などを調節するのが、このアピアランスの機能です。

A:線を追加
B:塗りを追加
C:効果を追加

たとえば、こんなテキストも

テキストオブジェクトひとつで作ることが可能です。

このテキストの作り方は文字を重ねずに表現するふちどりチュートリアルを参照してください。