新規ウィンドウ(W)


アレンジ(A) 
Exchangeでエクステンションを検索
ワークスペース


エクステンション


コントロール(C)
ツールバー


Adobe Color テーマ
CC ライブラリ
CSS プロパティ
SVGインタラクティビティ(Y)
アクション(N)
アセットの書き出し
アピアランス(E) Shift+F6
アートボード
カラー F6
カラーガイド Shift+F3
グラデーション Ctrl+F9
グラフィックスタイル(S) Shift+Ctrl+F11
シンボル Shift+Ctrl+F11
スウォッチ(H)
ドキュメント情報(D)
ナビゲーター
パスファインダー(P) Shift+Ctrl+F9
パターンオプション
ブラシ(B) F5
プロパティ
ラーニング
リンク(I)
レイヤー(L) F7
分割・統合プレビュー
分版プレビュー
変形 Shift+F8
変数(R)
属性 Ctrl+F11
情報 Ctrl+F8
整列 Shift+F7
書式
 OpenType
 タブ
 字形
 文字
 文字スタイル
 段落
 段落スタイル
画像トレース
線(K) Ctrl+F10
自動選択
透明 Shift+Ctrl+F10


グラフィックスタイルライブラリ
シンボルライブラリ
スウォッチライブラリ
ブラシライブラリ

アクション(N)

一連のオペレーションを内容を記録してバッチ処理をする機能です。複数の操作が必要なルーティンワークがあるような場合、その操作内容をアクションとして登録しておくと便利です。またIllustratorの操作に慣れていないユーザーに何かを頼むときにも便利かもしれません。

アクションを選択してプルダウンメニューからアクションオプションを選択すると、そのアクションに対して細かな設定をすることが可能です。オプションの中にはアクションをファンクションキーに割り当てる機能なども用意されています。

A 実行中のアクションを停止します。

B ボタンを押してからアプリ内での操作をすべて記録していきます。

新規でアクションを作成するときはEのプラスボタンを使います。

C 選択したアクションを実行します。

D アクションリストにフォルダを作成します。

E 新規にアクションを作成します。

F 選択したアクションを削除します。