crftロゴ

スタックにグループ化 Ctrl+G

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイル(F)編集(E)表示(V)スタック(S)ラベル(L)ツール(T)ウィンドウ(W)ヘルプ(H)

スタックにグループ化 Ctrl+G

 なんか一瞬ピンとこないメニューの日本語ですが、単純に選択中の複数ファイルをスタック(積み重ねた状態で)表示しますという機能です。

 スタックにグループ化だと、ちょっと頭痛が痛い的に聞こえます。

 スタック化でよいと思うです。

 スタック化されたファイル群は図のように四角が重なった表示になり、左肩に枚数を表す数字が表示されます。マウスポインタを重ねると再生ボタンとスライダーが表示され、再生ボタンで順番にスライド表示、スライダーで表示されるファイルを変えることができます。 

 スタックを閉じた状態でその表示をダブルクリックすると最上位として指定されているファイルが拡張子に対して指定されたアプリケーションが起動して開きます。最上位に指定されているファイルとはスタックを閉じていると表示されるファイルで、 スタックを代表するファイルと考えれば良いと思います。