Photoshopのツールバー

ツールバー

A バージョンを重ねるごとに増えていく様々なツール、このツール群の表示エリアです。同じ系統のツールは一つにまとめられ、ツールの長押しか右クリックでプルダウンして選択することができます。ツールアイコンの右下に小さな下向きの三角があるものにはそのプルダウンメニューが用意されています。また、altキー(win)、optionキー(mac)を押しながらツールアイコンをクリックすることで、ツールを切り替えることも可能です。

B ツールバーの内容は、この…部分をクリックして表示されるプルダウンメニューからアクセスできる専用のツールバー編集画面で自由に編集することができます。じつはこの…もツールの一つです。ツールバーの編集画面で予備ツールとして登録したツールは…のプルダウンメニューの一部として表示されるようになります。
ツールバー編集画面の詳細  

C 描画色(左)・背景色(右)を指定できます。色部分をクリックすることでカラーピッカーパネルが表示され、カラーピッカーで色を選択することができます。
右上の矢印は描画色と背景色を入れ替えるボタンで、左下のボタンをクリックするとそれぞれの色を初期値の黒と白に設定します。キーボードショートカット”x”で素早く描画色・背景色を切り替えることも可能で、レイヤーマスクを編集時にxで選択部分、非選択部分の描画を切り替えると非常に素早くマスクを描画することができます。

D クイックマスクモードに入ります。クイックマスクモードは選択範囲をつくる方法の一つで、半透明の赤い部分と色情報以外のチャンネルとブラシツールを利用することで、詳細に選択範囲を作成するモードです。
クイックマスクモードのワークフロー  

E スクリーンモードを、標準スクリーンモードメニュー付きフルスクリーンメニューなしフルスクリーン、から選択することができます。キーボードショートカットのfで切り替えることができます。

選択したレイヤーをカンバス上で移動するツールです。移動ツールでレイヤーを選択することもできます。

アートボートの追加、リサイズなどの編集が行えます。

選択ツール

長方形に選択範囲を描画するツールです。Shiftキーを押しながらドラッグすると正方形に選択範囲を描画することができます。

円形に選択範囲を描画することがきます。Shiftキーを押しながらドラッグすると真円を描画することができます。

水平に1ピクセルの幅でカンバスの左右いっぱいに選択範囲が描画されます。何に使うツールなんでしょうか?ナゾです。ウェブデザインをしているときに1ピクセルの線を正確に描画したいときなどにはよいかもしれません。

垂直に1ピクセルの幅でカンバス上下いっぱいに選択範囲が描画されます。これも使い道がイマイチわかりません。キレイに1ピクセルの幅でなにかを選択したい場合があっても長方形選択ツールのツールオプションに数値を入力することで同じ編集が可能です。

Photoshop太古のころから変わらずあるこのなげなわツール。マウスをドラッグして自由な形に選択範囲を描画することができます。

クリックしていくことで、線を結んでいき、選択範囲を描画することができます。ダブルクリックするとダブルクリックした位置と始点が結ばれ、領域を囲んだ状態で選択範囲が描画されます。

選択しようとする対象物がある程度のコントラストをもっているときに、投げなわ選択ツールのようにマウスで囲んでいくと、自動的にコントラストのある部分で選択されていきます。

切り抜きたい部分を大まかに囲むと、自動的に対象を認識して選択します。

この機能が搭載されたばかりのときは、まさしく魔法の杖のようでした。同じ系統の色部分を選択するツールです。

ブラシ型の自動選択ツールといった感じで、なぞった部分から外向きへ境界線を探して選択範囲を描画していきます。

切り抜きツール

切り抜きってちょっと違和感を感じますが、写真をトリミング(画角決定)するツールです。

傾いて撮影された被写体を水平垂直にもどしながら切り抜きます。