新規3Dレイヤーをファイルから作成(N)…
3Dレイヤーを結合(D)
3Dレイヤーを書き出し(E)…
球パノラマ 


コンテンツを入手(X)…


選択したレイヤーから新規3D押し出しを作成(L)
選択したパスから新規3D押し出しを作成(U)
レイヤーから新規メッシュを作成(M) 


オブジェクトをグループ化
シーン内のすべてのオブジェクトを移動(J)
グランドプレーンでオブジェクトを圧縮


レイヤーから新規タイルペインティングを作成(W)
UVを生成…
ペイントのフォールオフ(F)…
ペイントシステム 
ターゲットテクスチャをペイント(T)
 
ペイント可能領域を選択(B)
ペイントオーバーレイを作成(V)
 


押し出しを分割(I)
切断面をシーンに適用
3Dプリント用にシーンを統合
メッシュをラスタライズ…
3Dレイヤーから作業用パスを作成(K)


3Dレイヤーをレンダリング(R) Alt+Shift+Ctrl+R
ドキュメントをファイルにレンダリング…
現在のブラシでスケッチ(S)


3Dプリントを設定…
3Dプリント(3)…

3Dメニュー

正直、自分はここにあまりアクセスしないので、いろいろと解説するのに自信がありません。Photoshopの3D表現は一般的な3Dソフトと若干異なるもので、あくまで最終的なピクセル表示を目的としたもの。Photoshopの3D編集モードに入ると、インターフェイスもがらりと変わって、かなり戸惑います。

もうひとつ、Photoshopの3D処理は非常に遅いです。相当なCPUパワー、GPUパワーが求められます。

しかし、Photoshopならではの3D表現の可能性も否定できません。自分もこれを機会に少し掘り下げて探求していきたいと思います。