空を置き換え…

取り消し(O) Ctrl+Z
やり直し(O) Shift+Ctrl+Z
最後の状態を切り替え Alt+Ctrl+Z


フェード(D)… Shift+Ctrl+F


カット
コピー
結合部分をコピー
ペースト
特殊ペースト 
消去


検索
スペルチェック…
検索と置換…


塗りつぶし…
境界線を描く(S)…
コンテンツに応じた塗りつぶし…


コンテンツに応じて拡大縮小 Alt+Shift+Ctrl+C
パペットワープ
遠近法ワープ
自由変形(F) 
変形(A)
レイヤーを自動整列…
レイヤーを自動合成…
空を置き換え…


ブラシを定義(B)…
パターンを定義…
カスタムシェイプを定義…


メモリをクリア>


Adobe PDF プリセット…
プリセット 
リモート接続…


カラー設定(G)…
プロファイルの指定(P)…
プロファイルの変換(V)…


キーボードショートカット…
メニュー(U)…
環境設定(N) 

空を置き換え…

Photoshop2021の目玉アップデートのひとつで、写真の中の空をワンタッチで入れ替えてしまうという馬力満点の機能です。

次の画像は一切細かな編集はしていません。空を置き換える一撃です。

BEFORE
AFTER

当然ですが、空がはっきりと分かれている写真に適用すると良好な結果を得られる確率が上がります。

メニューから空を置き換え…を選択すると、専用の編集パネルが表示されます。

編集ツール

パネルの左にある編集ツールを使って、開いている画像を直接編集することができます。上から空の位置を決めるツール、空を描画するエリアを調節するブラシツール(ドラッグ描画で追加、AltキーOptionキーを押しながらで描画エリアをブラシで削除)、拡大している画像を移動する手のひらツール、画像を拡大縮小する虫メガネツール(Altキー、Optionキーで縮小)。

メイン部分

空:

置き換えたい空を選択することができます。青空、壮観、夕暮れにカテゴリ分けされた空を読み込むことができます。自分で用意した空イメージを選択することも可能です。読み込めるファイルは*.SKYというファイルが必要になります。

エッジをシフト

境界線を移動します。

エッジをフェード

境界線をぼかします。

空の調整

空の色、明るさ、大きさを調整します。反転は置き換える空の画像の左右を反転します。

前景の調節

置き換える空の調子に合うように前景(オリジナルの置き換えられない部分)の調子の微調節を行います。あまり大きく調節できない印象です。

出力先

レイヤーを複製、新規レイヤー、いずれかを選択することができます。新規レイヤーを選択すると、オリジナルはそのままに、置き換えた空部分はレイヤーマスクつきの新規レイヤーとして空レイヤーが作成されるので、微調節の必要性を考えると新規レイヤーをおすすめします。