Adobe Fontsから追加(M)…

Adobe Fontsから追加(M)…

ウェブブラウザが起動して、Adobe Fontsが表示されます。

日本語の書体にも対応したAdobe Fonts、以前はTypeKitというサービス名で、Adobeのサイトの一部ではまだTypeKitという名前がでてくることがあります。Adobe FontsサイトのメニューにもまだTypeKitの名前がでてきます。

近年、大幅に進化したこのサービス、もうないと困るものになりました。システムにフォントをインストールするのも簡単ですし、書体によってはWebフォントもあり、印刷物・ウェブ、文字をグラフィックデータにすることなく、一貫したデザインをすることができます。

フォントはAdobe Creative Cloudデスクトップアプリからも閲覧することができますが、2020年6月現在のインターフェイスでは、非常に見づらいし、フォントを追加しようとすると、結局ウェブサイトへ遷移します。