パネル  文字パネル

文字パネルを表示するには

書式>文字パネル
ウィンドウ>文字

の2つの経路があります。

まぎらわしいです。

書体選択

フォント名をプルダウンすると、実際のフォントデザインを確認しながら、フォントを選択することができます。さらにリスト表示をフォントのタイプ、セリフ、スラブ、サンセリフ、スクリプト、ブラック、等幅、手描き、装飾で限定したり、Adobe Fontsからアクティベートしたフォントのみ、お気に入りに登録したフォントのみ、類似フォントのみ、で限定表示することが可能です。

Adobe Fontsから追加ボタンを押すと、ウェブブラウザが起動して、Adobe Fontsページが表示されます。

フォントサイズ

正直入力したサイズでぴったりと文字の大きさを想像するのは難しいです。文字の大きさの単位は環境設定の単位・定規のセクションでpt, pixel, mmから選択することができます。pt, mmは実世界の単位で、ファイルに設定したDPI値によって、大きく入力するべき数値が変化するので、px(pixel)にしておくのがわかりやすいと思います。赤丸の部分をマウスで左右にドラッグすることでも数値を編集することが可能です。

行間

行間を調節できます。デフォルトの丸まった数値をプルダウンから選択、直接数値を入力、または赤丸の部分をマウスでドラッグすることで、編集できます。

字間

左側が一か所ずつ字間を調節するカーニング、右側がテキストブロックで調節するトラッキングです。カーニング(一か所ずつ)特定の文字と文字の間隔を調節する機能なので、プルダウンで選択することはまずないと思います。実際はテキストの間隔を調節したいところに、Iビームポインタをアクティブにして、AltキーもしくはOptionキーを押しながらカーソルキーの左右で調節します。

幅、高さの調節

さかのぼれば写植の考え方だと思いますが、かつては長1、長2、平1、平2など専門用語があって、文字の幅、高さを指定していました。全体で同じ値を指定することでデザインに統一感を出すことができます。Photoshopでも文字、もしくは文字ブロックに対して、同じ比率の縦横サイズを指定することが可能です。

文字の変形

文字パネルのプルダウンメニュー、もしくは文字パネルの下部にある、Tのアイコン群で文字を変形することが可能です。左から、太字、斜体、大文字、小さな大文字、上付きの文字、下付きの文字、下線、打消しを設定することができます。同時に設定できる場合、できない場合があります。

OpenType機能の適用

フォントファイルには異なった種類があり、昨今はOpenTypeというフォーマットが主流になりつつあります。そのOpenTypeには特殊な機能が含まれている場合があり、その機能をon・offするボタンです。