ピクセルグリッドに最適化(M)

変形(T) 
重ね順(A) 
整列(A) 


グループ(G) Ctrl+G
グループ解除(U) Shift+Ctrl+G
ロック(L)
すべてをロック解除(K) Alt+Ctrl+2
隠す(H)
すべてを表示 Alt+Ctrl+3


分割・拡張(X)
アピアランスを分割(E)
画像の切り抜き(C)
ラスタライズ(Z)
グラデーションメッシュを作成(D)
モザイクオブジェクトを作成(J)
透明部分を分割・統合(F)


ピクセルグリッドに最適化(M)


スライス(S)
トリムマークを作成(C)


パス(P)
シェイプ(P)
パターン(E)
リピート
ブレンド(B)
エンベロープ(V)
遠近(P)
ライブペイント(N)
画像トレース
テキストの回り込み(W)


クリッピングマスク(M)
複合パス(O)
アートボード(A)
グラフ(R)


書き出し用に追加

ピクセルグリッドに最適化(M)

Illustratorは紙面に描画するというコンセプトが根底にありますが、スクリーンメディアに描画するためのツールも用意されています。スクリーンの解像度はどんどん向上していますが、それでも格子状にドットが並んでいることには変わりありません。

そんなグリッド状に何かを描画する場合、そのグリッドにキレイにオブジェクトが並んでいないと整列すらキレイに行うことができません。

ピクセルグリッドに最適化を使うと、選択されたオブジェクトが最短距離のグリッドを目標に、ピクセルグリッドにキレイに合うように、移動・変形が行われます。

最適化できる図形は限られていて、ペンツールで描画した自由曲線などは拒否られる場合があります。