crftロゴ

ロック(L)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファイル(F)  編集(E)  オブジェクト(O)  書式(T)  選択(S)  効果(C)  表示(V)  ウィンドウ(W)  ヘルプ(H)

ロック(L)

 Illustratorの基本的な操作のひとつで、選択しているオブジェクトをロックします。ロックされたオブジェクトはそのまま表示されますが、選択できなくなります。

 選択されることがなくなるので、複雑な絵柄の操作がしやすくなります。

選択 Ctrl+2

 選択しているオブジェクトをロックします。慣れてくるとCtrl+2でロックを多用するようになると思います。このショートカットCtrl+2にAltを加えると、ロック解除になります。

前面のすべてのアートワーク

 ちょっとわかりにくい機能ですが、前面とは今操作しているレイヤーより、前面にあるレイヤーにあるオブジェクトのすべてをロックする機能です。同じレイヤーにある選択しているオブジェクトより前面に配置されているオブジェクトには適用されません。この機能、なんだか意味があるんだかないんだか。微妙です。

その他のレイヤー

 操作しているレイヤー以外をすべてをロックします。

 少し混乱してしまう原因が選択している対象がオブジェクトだったり、レイヤーだったりするところだと思います。状況がわからなくなってきたら、レイヤーウィンドウパネルを開いてみましょう。鍵マークがついた部分がロックされたレイヤーだったりオブジェクトだったりです。