ワークフロー

Adobe Camera Rawの起動

Adobe Camera Rawは単体で起動するアプリケーションではなく、Adobe Bridgeの一部機能として起動することができます。Camera Rawで編集したい写真を選択した状態でCtrl+R(Windows)、Command+R(Mac OS)で起動するか、以下の2通りで起動します。

選択した写真からプルダウンメニューを表示
Bridgeのファイルメニューから

Photoshopのフィルターとしても起動できますが、この場合は同時に複数の画像を開くことはできません。レイヤーをスマートオブジェクトに変換しておけば、元画像を改変することなく画像を調節することができます。

Photoshopのフィルターとして起動

開くことのできるファイルフォーマット

Camera Rawというくらいですから、デジカメのRawファイルを前提としています。Rawファイルはデジカメ内で画像処理をする前のデータで、そのカメラがもつカメラとしての性能のみで記録されているファイルフォーマットです。そのカメラが持つフル性能で記録されたプレーンな状態の画像と思えば良いと思います。

頻繁なCamera Rawの更新は各社のRawファイルへの対応、レンズプロファイルへの対応が理由です。ほとんどの場合問題なく各社のRawファイルを開くことが可能です。自分の環境ではCanon(.cr2)、Sony(.arw)、Hasselblad(.fff, .3fr)のRawファイルを問題なく開くことができます。

というのは理想で、Photoshop経由であればなんでもCamera Rawの機能を使うことが可能です。