編集 基本補正

Table of Contents

編集 基本補正

写真の明るさやコントラストなど、基本的な写真の調子を調節する項目がまとまっています。Altキーを押しているあいだ、基本設定と表示されているタイトル部分が基本設定のリセットに変化するので、そのタイトル部分をクリックすることで、設定した内容をリセットすることが可能です。項目単位でリセットしたい場合は、Altキーを押しながら項目のタイトル部分をクリックします。このボタンだけ画面右にぽっちがついています。他のボタンを選んでもぽっちは移動しないところをみると、このボタンは最重要ですよという主張なんだと思いますが、なんだかわかりにくいですね。

ホワイトバランス

白いものは白いはずなのに、環境の光の波長によって、赤っぽくなったり、青っぽくなったり、そのバランスをホワイトバランスといいます。

ホワイトバランスプルダウン

撮影時の設定、自動、昼光、曇天、日陰、白熱灯、蛍光灯、フラッシュ、カスタムからプリセットを呼び出すことができます。カメラの中にある設定と同様と考えていいと思います。撮影後に設定しなおせるイメージです。

色温度

ケルビン値(温度)で表現される色の赤み、青み示す値を数値で設定できます。

色かぶり補正

写真全体に一定の色がかぶっている状態を修正します。右へいくほどマゼンタ(紫)成分が増え、左へスライドするほど緑成分が増えます。

露光量

露出が適正でないものを調節できます。暗いものを明るく、明るいものを暗くできますが、極端に明るいものを暗くするほうが困難な場合が多いです。

コントラスト

明暗の差をはっきりさせます。

ハイライト

写真の明るい部分の明暗を調節します。

シャドウ

暗い部分の明暗を調節します。

テクスチャ

英語的には肌触りや舌ざわり、転じてもののザラザラ感やツルツル感。写真のそんな印象の強弱を調節できるスライダーです。例えば女性モデルの場合は肌のしわやシミを目立たなくしたいとき、テクスチャ感を落とせばよく、年配の男性でハードボイル感を増したいときはスライダーを右へ上げていけばよいと思います。ちなみに肌感を滑らかにするPhotoshopテクニックもあります。

-100
+100
明瞭度

こまかな領域にコントラストが変化するイメージです。明瞭度を上げていくと劇画のようなタッチになっていきます。

-100
+100
かすみの除去

彩度も激しく変化します。基本的には風景などのかすみを除去するために使いますが

-100
+100
自然な彩度

-100の写真のシャツの緑の部分をよーく見ると色がのこっています。彩度の高い部分と低い部分をダイナミックに感知しながら彩度の高い部分は適用度を低く、彩度の低い部分は適用度を大きく変化させる特性があります。

-100
+100
彩度

全体に対して均等に彩度を変化させます。

-100
+100