このエントリーをはてなブックマークに追加

新規(N)
レイヤー設定… Ctrl+Shift+Y


レイヤーを開く(O)
レイヤーソースを開く(U)Alt+Numpad Enter
エクスプローラーで表示


マスク(M) 
マスクとシェイプのパス 
画質(Q) 
スイッチ(W) 
トランスフォーム(T) 
時間 
フレームブレンド 
3Dレイヤー
ガイドレイヤー
環境レイヤー
マーカー


透明部分を保持(E)
描画モード(D) 
次の描画モード Shift+^
前の描画モード Shift+-
トラックマット(A) 
レイヤースタイル 


重ね順 


表示 
作成 


カメラ 
オートトレース…
プリコンポーズ(P)… Ctrl+Shift+C

レイヤーを開く(O)

 タイムラインウインドウパネルで選択されたレイヤーの内容がメインウインドウに表示されます。ロトスコープ作業などに目標のレイヤー以外を表示しない編集モードが該当します。

 プリコンポーズレイヤー以外はダブルクリックでも同じ挙動をします。テキストレイヤーに対しては機能がキャンセルになります。

 プリコンポーズしたレイヤーに対しても有効ですが、プリコンポーズレイヤーをダブルクリックすると、別のコンポジションとしてレイヤーの内容が開きます。

Create Nulls From Paths Extended

Create Nulls From Paths Extended

天才が助けてくれる毎日がありがたい。