crftロゴ

トランスフォーム(T)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイル(F)編集(E)コンポジション(C)レイヤー(L)エフェクト(T)アニメーション(A)ビュー(V)ウィンドウ(W)ヘルプ(H)




  • 透明部分を保持(E)
  • 描画モード(D) 
  • 次の描画モード Shift +^
  • 前の描画モード Shift +
  • トラックマット(A) 
  • レイヤースタイル 


  • 表示 
  • 作成 

トランスフォーム(T)

 レイヤーを選択した状態で使うメニューで、タイムラインでレイヤーのプロパティを開いたときに操作できるアンカーポイント、位置、スケール、方向、回転、不透明度などを操作することができます。

リセット

 レイヤーのトランスフォームの内容をリセットします。

アンカーポイント…

位置… Ctrl+Shift+P

スケール…

方向… Ctrl+Alt+Shift+R

回転… Ctrl+Shift+R

不透明度… Ctrl+Shift+O

水平方向に反転

垂直位方向に反転

中央に配置

アンカーポイントをレイヤーコンテンツの中央に配置

コンポジションに合わせる

コンポジションの幅に合わせる

コンポジションの高さに合わせる

自動方向

AEでPremiere Proのテンプレートを作る

凝った字幕やテキストタイトルを作ろうとするとAEで作るしか… 量産もめんどくさい… と思ってているそこのあなた!