このエントリーをはてなブックマークに追加

新規(N)
プロジェクトを開く(O)… Ctrl+O
チームプロジェクトを開く…
最近使用したファイルを開く
Bridgeで参照… Ctrl+Alt+Shift+O


閉じる(C) Ctrl+W
プロジェクトを閉じる
保存(S) Ctrl+S
別名で保存(S)
番号をつけて保存 Ctrl+Alt+Shift+S
復帰(R)


読み込み(I) 
最近のフッテージを読み込む 
書き出し 

Adobeからフォントを追加…


Adobe Dynamic Link  


検索 Ctrl+F


コンポジションにフッテージを追加 Ctrl+/
複数アイテムから新規コンポジション…


依存関係  
フォルダーを監視(W)…


スクリプト  


プロキシ作成  
プロキシ設定(Y)  
フッテージを変換(G)  
フッテージを置き換え(E)  
フッテージを再読み込み(L)  Ctrl+Alt+L
ライセンス….
エクスプローラで表示
Bridgeで表示


プロジェクト設定… Ctrl+Alt+Shift+K


終了(X)   Ctrl+Q

読み込み(I)

Ctrl +I +I

 AfterEffectsのコンポジションに配置するあらゆるファイルをこのメニューを使って読み込みます。

 AfterEffectsを使いこんでいくと、真っ先にカラダに染みつくのが、Ctrl +I もしくは +I のショートカット、この読み込みメニューです。

 サポートされているファイルはAdobeの公式ページ に詳しく掲載されています。OSレベルでQuickTime 7のサポートが終了したことなどにより、以前のバージョンに比べて読み込めなくなったmovファイルなどがあるかもしれません。

 読み込みのもう一つのポイントとして、AfterEffectsネイティブファイルである.aepも読み込むことが可能であるということでしょう。

 .aepを読み込むとaepファイルの中身もオリジナルのaepファイルと同様に編集することが可能です。