表示オプション… Ctrl+Alt+U

このエントリーをはてなブックマークに追加

新規ビューア Ctrl+Alt+Shift+N


ズームイン .
ズームアウト ,


解像度 


モニターのカラーマネジメントを使用 Shift+Numpad /
出力をシミュレート 


定規を表示 Ctrl+R


ガイドを表示 Ctrl+;
ガイドへスナップ Ctrl+Shift+;
ガイドをロック Ctrl+Alt+Shift+;
ガイドを消去
ガイドの読み込み…
ガイドの書き出し…


グリッドを表示 Ctrl+:
グリッドへスナップ Ctrl+Shift+:


表示オプション… Ctrl+Alt+U
レイヤーコントロールを表示 Ctrl+Shift+H


3Dビューをリセット
3Dビューからカメラを作成
3Dビューを切り替え 
3Dビューにショートカットを割り当て 
最後の3Dビューに切り替え Esc
選択したレイヤーを全体表示 Ctrl+Alt+Shift+¥
すべてのレイヤーを全体表示


時間設定(G)… Alt+Shift+J

表示オプション… Ctrl+Alt+U

レイヤーコントロール

コンポジションパネル(メインのプレビューステージエリア)に配置したレイヤーに対するいろいろなインターフェイスの表示・非表示を行います。

ハンドル

レイヤーを取り囲む四角形とその四角の四隅と各辺にポイントが設置されています。ポイントをドラッグすることで拡大縮小をすることが可能です。

エフェクトコントロール

エフェクトによって有無があります。主にエフェクト内でエフェクト用の座標を指定するものにあるインターフェイスです。

キーフレーム

レイヤーに指定したキーフレームを視覚的に確認することができます。

モーションパス

キーフレーム間の動きを線で視覚的に確認できる表示です。動きの緩急を表すエンベロープも視覚的に見ることができます。
Create Nulls From Paths Extended

Create Nulls From Paths Extended

天才が助けてくれる毎日がありがたい。