このエントリーをはてなブックマークに追加

エンベロープ(V)

 選択したオブジェクトを変形します。オブジェクトがグループ化されていればグループ単位で変形が実行されます。テキストオブジェクトに対しても有効です。

ワープで作成(W)…

プリセットの変形オプションで選択した対象を変形します。
円弧
下弦
上弦
アーチ
でこぼこ
貝殻(下向き)
貝殻(上向き)

波形
魚形
上昇
魚眼レンズ
膨張
絞り込み
旋回

メッシュで作成(M)…

 選択対象をメッシュ化して、そのメッシュを移動して変形します。メッシュの度合いも自由に指定することができます。

最前面のオブジェクトで作成(T)

 複数のオブジェクトを選択し、そのとき最前面にある単一パスを元にそれ以外を変形します。変形の仕方をイメージするのが少しむずかしいですが、変形後も変形元になっている最前面のパスを編集できるので、調節の幅は広いと思います。使い方によっては立体的な非常に面白い表現が可能になります。

 蛇足ですが、GPUとの相性かもしれませんが頻繁にシェイプのリフレッシュの後に編集対象が消滅してしまう減少が起きます。データが消えたわけではなく表示だけされなくなります。

解除(R)

 エンベロープの指定を解除します。

エンベロープオプション(O)…

拡張(X)

オブジェクトを編集(E)