このエントリーをはてなブックマークに追加

重ね順(A)

 描画したアートワークの前後関係の編集はIllustratorの編集のなかでも、とても重要なファクターです。レイヤーパネルでも前後関係を確認することが可能です。

 重ね順メニューでは選択したオブジェクトの前後関係を移動して編集します。

  • 最前面へ(F) Shift +Ctrl +]
  • 前面へ(O) Ctrl +]
  • 背面へ(B) Ctrl +[
  • 再背面(A) Shift +Ctrl +[

重ね順はこのようなレイヤー構造のオブジェクトの順番を入れ替えるものです。

Illustratorでのレイヤー

 ちょっとわかりにくいんですけど、Illustratorでもレイヤーという概念があって、同じアートボード上に透明フィルムを何枚も重ね合わせることができて、その一枚一枚がレイヤーであるという大前提があり、そのフィルム一枚の中で描かれたアートワークはレイヤーの中でレイヤー状に構成されているという考え方です。

 重ね順メニューの最前面へ、前面へ、最背面へ、背面へ、は1レイヤーの中のレイヤー構造の中でで操作するもので、選択したレイヤー移動は、ひとつのレイヤーにあるレイヤー構造になっているオブジェクトに対してではなく、選択したオブジェクトを、レイヤーパネルで選択したレイヤーへ移動するという意味になります。