crftロゴ

変形(T)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファイル(F)  編集(E)  オブジェクト(O)  書式(T)  選択(S)  効果(C)  表示(V)  ウィンドウ(W)  ヘルプ(H)

変形(T)

変形の繰り返し Ctrl+D

 多用するコマンドです。Ctrl+Dを押すたびに最後に操作した内容が繰り返されます。

 回転、回転コピー、移動、移動コピー、拡大縮小など、とにかく最後に操作した内容が繰り返されます。

 ポイントはその操作が積算されていくことです。

 つまり10度回転したら、回転した先からさらに10度、10㎜移動したら10㎜移動した先からさらに10㎜移動することになります。

移動...

 数値で選択中のオブジェクトを移動することができます。

 水平方向の距離、垂直方向の距離をそれぞれ入力するか、全体の移動距離と移動する方向を角度で入力することも可能です。

 選択ツール、もしくはダイレクト選択ツールのアイコンをダブルクリックしても同じダイアログが表示されます。

回転...

選択中のオブジェクトを数値で回転もしくは回転コピーすることができます。

回転ツールをダブルクリックするか、AltキーもしくはOptionキーを押しながら、アートボード上をクリックすることでも同じダイアログが表示されます。

リフレクト…

拡大・縮小…

シアー…

個別に変形…

バウンディングボックスのリセット