crftロゴ

アートボード(A)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファイル(F)  編集(E)  オブジェクト(O)  書式(T)  選択(S)  効果(C)  表示(V)  ウィンドウ(W)  ヘルプ(H)

アートボード(A)

 紙面上のデザインツールであるというIllustrator主目的を考えたときに非常に重要な考え方になるのがアートボードです。

 アートボード=紙の大きさ

 アートボードの外の領域=紙を並べている机

 と考えるとわかりやすいと思います。

 そのアートボードを操作するメニューです。

アートボード(A)

アートボードに変換(C)

 選択している(変形していない)四角をアートボードに変換します。例えばA4の大きさの長方形を長方形ツールで描画し、アートボードに変換を選択すると、そのA4の長方形はA4の大きさのアートボードに変換されます。

すべてのアートボードを再配置(E)

 複数のアートボードを手動で配置していくと、アートボード同士の間隔がまばらになってしまったり、天地の位置がずれたり、煩わしい作業が伴います。そんなアートボード配置に関する調節を数値入力で行える機能です。

アートボードの再配置

オブジェクト全体に合わせる(B)

 アートボードの大きさをオブジェクトのある範囲に調節します。

選択オブジェクトに合わせる(S)

 選択中のオブジェクトの大きさに合わせてアートボードの大きさを調節します。