crftロゴ

オブジェクト(O)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファイル(F)  編集(E)  オブジェクト(O)  書式(T)  選択(S)  効果(C)  表示(V)  ウィンドウ(W)  ヘルプ(H)

オブジェクト(O)

メニューで選んだ条件にあったオブジェクトが選択されます。

セグメント

少しわかりにくい機能ですが、アンカーポイントが選択されているオブジェクトのアンカーポイント間の線、つまりセグメントを選択しなおします。

孤立点

孤立点は非常に便利で、たとえば1ポイントで孤立しているアンカーポイントを一度に選択することが可能です。