変幻自在のインターフェイス

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイル閲覧の工夫が秀逸

 最近のソフトウェアのインターフェイスのトレンドだと思いますが、Bridgeもウィンドウを自由自在に表示・非表示することが可能です。

 ただしウィンドウをフローティングにすることはできません。

 かなり前から新田(父)はBridgeのヘビーユーザーで、テザリング撮影時でもLightroomを使わずにBridgeを使うほどです。

 PhotoshopIllustrator がメインの道具になる業務内容なので、Bridgeでファイルブラウズしてスムーズなワークフローが最適に感じます。

目的に応じてワンクリック

 目的に応じてウィンドウパネルの配置を一撃で変更することができます。

bridge画面切り替え