変幻自在のインターフェイス

ファイル閲覧の工夫が秀逸

最近のソフトウェアのインターフェイスのトレンドだと思いますが、Bridgeもウインドウを自由自在に表示・非表示、ドッキングなどが可能です。

かなり前から新田(父)はBridgeのヘビーユーザーで、テザリング撮影時でもBridgeを使うほどです。

なによりAdobeのアプリケーションをワークフローのほとんどで使う自分の仕事では、ファイルブラウザをBridgeで行って得られるベネフィットが絶大だからです。