crftロゴ
辞典アイコン

現代グラフィックデザイン用語辞典

モデリング

コンピューターで立体物を作成
関連ソフト:Blender 職種:
  • Graphic Design
  • Motion Graphics
  • 3D

 モデリングはコンピューターで立体の形状を作成する作業のことです。

 3Dソフトウェアはそれぞれがローカルルールが多く、ほとんどの場合修練が必要です。

 この記事を書いている2022年では無料で利用できるBlenderがどんどん勢力を広げていっている状況です。

 筆者は長年Newtek LightWave 3Dを使っていますが、市場での使用割合はもうひん死状態です。

何もかもシームレスなBlender

 Blenderはモデリング作業、アニメーション作業、レンダリング作業、すべて一つのアプリケーションで完結します。

 アプリの中で目的の作業内容によって表示を切り替えるイメージです。

 実は表示は切り替えているだけで、すべての機能をいつでも呼び出すことができる、そのアプリコンセプトも非常に新しい3Dソフトです。

 スケッチや動画編集もできてしまいます。

 すごい。。。

全てがバラバラのLightWave 3D

 基本設計が古いLightWaveでのモデリングは、モデリング専用のLightWave Modelerというアプリで行います。

 Modelerで作成した立体形状をLightWave Layoutという別のアプリに読み込み、アニメーションや質感を編集するようなワークフローになっています。

3Dという表現

 筆者は長い間3Dアニメーションをやっていますが、実はキャラクターアニメーションは経験がありません。

 あくまでグラフィックデザイン、モーショングラフィクスの延長で3D表現という手法を利用している感じです。

 今や無料で高機能3Dソフトを利用できる時代です。

 グラフィックデザイナーも臆することなく積極的に3Dを利用していきましょう。