Hasselblad X2D発表!

1億画素キタ
hasselblad x2d
Minoru Nitta
Minoru Nitta
グラフィックデザイナー・フォトグラファー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Hasselblad X2D発表!

Hasselblad X2D発表

 巷ではApple iPhone 14とかApple Watch Ultraとかの発表で話題しきりですが、ほぼ時を同じくしてHasselbladからも大きな発表がありました。

 発表の内容は中判ミラーレスモデルX1D IIの後継になるX2D。

 以前からリークがあったのでわかっていたことですが、撮影画素数がついに1億画素になりました。

Hasselblad X1D IIとX2Dを比較してみる

X1D II X2D
センサーサイズ 約44×33mm 約44×33mm
画素数 5000万画素 1億画素
AFポイント数 117 294
ISO 100~25600 64~25600
手ブレ補正機構 なし 5軸・最大7段分
記録メディア SDカード CFexpress Type B
背面モニター 3.6型236万ドット 3.6型236万ドット、チルト機構付
内蔵SSD なし 1TB
電子ファインダー 236万ドット(XGA) 576万ドットOLED
大きさ・重量 148×97×70mm, 766g 148.5×106×74.5mm, 895g
価格 ¥796,200 ¥1,200,000(参考価格)

 筆者はX1D IIユーザーですが、率直に羨ましいのは画素数と電子ファインダーの高解像度化、それと手ブレ機構です。

 ISOも64まで下げられるのはちょっとイイです。

 1TBのSSDが内蔵されているというのも今風です。

 トレードオフとしての値上げはちょっと戸惑うレベルですが、Hを買うと思えばバーゲンではあります。

 X1D IIを使っていて非常に気になるのが使用中の発熱、X2Dで改善されていると良いです。

Hシステムと比べると

 こうなってくると今回のX2DへのアップデートはH6Dを凌駕する性能に見えてきます。

 なんだかポルシェ911と718の関係に見えてきます。。。RRの兄貴よりミッドシップの弟分のほうが伸びしろが段違いにあって、兄貴分の911は熟成しきってしまってる感じ。。。

 HとXの違いは、電子ファインダーであるかそうでないかくらいでAFの性能はもうXのほうが一枚上手です。

同時発売のレンズ3本

hasselblad xcd lens

 38mm( 52万), 55mm( 52万), 90mm(約60万)、いずれも開放側が2.5と明るいレンズになっています。クラシカルなデザインになっていて既存のXシステムでも継続して利用できるようです。

 それにしても高い。。。