LightWave 3DからBlenderへその1

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも1画面でモデリングもアニメーションも全部やるっていうのが意味不明なんですよ。モデリングはモデリング、アニメーション&レンダリングは専用でやるっていうのが道理だと思いますが、まてよ、モデリングでやっていた変形がアニメーションできたらどんなに明るい未来がまっているか!まぁLightWaveでもできますけど。これがもっとシームレスにできたら幸せになれるかも!

BlenderではObjectモードとEditモードという編集モードの切り替えがあって、それがLayoutとmodelerと思えば間違いはありません。これでもわかりにくれば画面の上部に注目してください。LayoutとModelingというのがあります。これでLayoutとModelerを切り替えていると思ってください。

BlenderのUIはAdobeアプリのように流動的です。個々のパネルは個々で存在していて配置はユーザーの勝手気ままな気分でいくらでも変えることが可能です。これが諸刃の剣。便利なんだけど知らないと混乱の極みです。その混乱を整理整頓するのが画面上部のボタンです。LayoutとModeling!名前もニアミスじゃないですか!これはわかりやすい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勝手マニュアル更新中

進捗状況 28%

Minoru Nitta(父)

Tetsuro Nitta(長男)

blog

Gucci Burst

Gucciのことはあまり詳しくありませんが、多分若